タランパージャ国立公園とイシワラスト自然公園

タランパージャ国立公園とイシワラスト自然公園

広大な土地を持つアルゼンチンは、緑豊かな地域からパタゴニアのような氷河が残る地域、そして乾燥した地域など、さまざまな顔を持っています。

日本ではあまり紹介されることのないタランパージャ国立公園とイシワラストは、共にユネスコ世界自然資産に登録されています。

またこの土地は、現在でも1億8000万年ぐらいの恐竜の化石が発掘されていることでも有名です。

主な見どころ

イシワラスト自然公園 VALLE DE LA LUNA

ラ・リオハ州(La Rioja)タランパージャ国立公園(Talampaya)と共にユネスコの世界自然資産に登録されているサン・フアン州(San Juan)のイシワラスト。

風化によってできた奇妙な岩の形が印象的なことから“月の谷”とも呼ばれています。
見学は、自然がつくった奇岩をポイントにして、約3時間で回ることができます。 また、この月の谷では、満月の日に限り夜の見学も可能です(最低催行人員5名より)。
月明かりに照らされる奇岩が、とても幻想的です。

イシワラスト自然公園

http://www.ischigualasto.org/nuevoischi/ischigualasto/flash/default.htm

イシワラスト自然公園

タランパージャ国立公園 TALAMPAYA

ラ・リオハ州にある国立公園。
イシワラストと州をまたいで、隣合わせに位置しています。

ラ・リオハ州の(Villa Union)など、タランパシャ国立公園になるべく近い町に宿泊して、両方の公園を見学すると効率よく見学できます。

タランパジャ国立公園

http://www.talampaya.gov.ar/

タランパージャ国立公園

自然科学博物館 MUSEO DE CIENCIAS NATURALES

この地域で発掘された恐竜の化石が見学できます。

基本情報

サン・ファン州 (San Juan)
最寄りの空港の所在地 サン・ファン市
位置 サン・ファン市はメンドーサから北へ165km。
ブエノスアイレス市から1,119km、コルドバから498km。
アクセス 飛行機
ブエノスアイレス市、コルドバ市(Cordoba)、メンドーサ市(Mendoza)からの便があります。
バス
ブエノスアイレス市からサン・ファンまであります。
気候 夏の気温は37℃を超える時もあり、冬はマイナスまで下がる日もあります。
年間を通して非常に乾燥しています。
平均温度は春19℃、夏26℃、秋18℃、冬10℃。
年間平均雨量は国内で一番低く、約83mm。

サン・ファン州観光局

http://www.turismo.sanjuan.gov.ar/

ラ・リオハ州観光局(日本語)

http://www.spain.info/ja/ven/comunidades-autonomas/la_rioja.html

このページの先頭に戻る