ペリト・モレノ氷河(ロス・グラシアレス国立公園)

ペリト・モレノ氷河(ロス・グラシアレス国立公園)

アルゼンチン南部のサンタ・クルス州の南西に位置し、カラファテ(CALAFATE)から約80km、ユネスコの世界遺産に自然遺産として登録されているのがロス・グラシアレス国立公園(Parque Nacional Los Glaciares)。

14,000㎡に300以上の約60~80mの高さの氷河が存在し、13の氷河-マルコニ(Marconi)、ヴィエドマ(Viedma)、モシャノ(Moyano)、ウプサラ(Upsala)、アガシ(Agassiz)、ボエド(Bolado)、オネリ(Onelli)、ペイネタ(Peineta)、スペガッツーニ(Spegazzini)、マジョ(Mayo)、アメヒノ(Ameghino)、モレノ・フリアス デル ノルテアル スール(Moreno y Frias, de Norte al Sur)がビエドマ湖(Lago Viedma)とアルヘンティーノ湖(Lago Argentino)に流れ込んでいます。

この氷河のほとんどが、ツア-に参加して観賞できます。中でも最も有名なのがペリト・モレノ(el Glaciar Perito Moreno)氷河です。

主な見どころ

ロス・グラシアレス国立公園
PARQUE NACIONAL LOS GLACIARES

アンデス山脈最南端に位置し、南極大陸、グリーンランドに次いで世界で3番目に大きな氷河地帯です。公園の北端には、標高3,405mのフィッツ・ロイ山があり、切り立った険しくも美しい姿が印象的です。

ロス・グラシアレス国立公園

ペリト・モレノ氷河
EL GLACIAR PERITO MORENO

ペリト・モレノ氷河は、先端部の幅約4km、高さ約60mといわれる広大な面積の氷塊。 アルヘンティーノ湖では、青く白い流氷のあいだを船で見学するコースもあり、間近で氷河を見ることができます。

ペリト・モレノ氷河

アクティビティ

一般的には、登山、セロ・トーレ(los Cerros Torre)とフィツ・ロイ山(Fitz Roy)を眺めながらのトレッキング、氷河登り、ラフティング、カヤック、乗馬などが楽しめます。
湖や川でマス釣りなどスポーツフィッシングも可能です。

基本情報

サンタクルス(Santa Cruz)
最寄りの空港の所在地 カラファテ(Calafate)
観光拠点 カラファテ
アクセス 飛行機
ブエノスアイレス市(Buenos Aires)からカラファテまで夏季は週に3~4便、冬季は1~2便
バス

カラファテまでは直行バスはありません。バスでブエノスアイレス市からリオ・ガジェーゴス(約36時間)経由でカラファテ(約4時間)。

ブエノスアイレスのレティ-ロバスタ-ミナル

http://www.tebasa.com.ar/

ここからすべての地方へ発着しています。都市名をいれるとバス会社名と電話番号が表示されます。

気候 地域の気候は湿度が高く、年間平均気温は7.5℃。
観光に一番適した時期は12月から3月までの夏で、その時期の気温は最高19℃、最低は-1.8℃。

カラファテ観光局

http://www.elcalafate.tur.ar/en/

パタゴニア観光機構(日本語)

http://www.patagonia.gov.ar/japones/

このページの先頭に戻る