イベラ湿地帯

イベラ湿地帯

アルゼンチンの北東、パラナ川(Rio Parana)とウルグアイ川(Rio Uruguay)の間にあるコリエンテス州(Provincia de Corrientes)には、長さ150km、幅40kmの広い湿地帯があります。
イベラと呼ばれる湿地帯は、先住民の言葉グアラニー語で“光る水(Agua Brillante)”を意味し、豊富な野生動物と野鳥が棲息しています。

主な見どころ

イベラ湿地帯 ESTEROS DEL IBERA

コリエンテス州の州立保護区で、州全体の14.6%に当たる約140万ヘクタールの広大な湿地帯。
湿地帯には亀、ワニ、猿、沼地鹿、カピバラなどの野生動物と400種類の鳥が棲んでいます。

イエズス布教遺跡 RESTOS DE REDUCCIONES JESUITICAS

ラ・クルス(La Cruz)、モンテ・カセロス(Monte Caseros)、サン・カルロス(San Carlos)およびサント・トメ(Santo Tome)には、イエズス布教遺跡があります。

パラナ川での釣り PESCA EN EL RIO PARANA

エスキーナ(Esquina)、ゴジャ(Goya)、ベジャ・ビスタ(Bella Vista)、エンペドラド(Empedrado)、パソ・デ・ラ・パトリア(Paso de la Patria)、イタ・イバテ(Ita-Ibate)およびイトゥサインゴ(Ituzaingo)などの町々の近郊で釣りが楽しめます。

牧場・農場訪問 ESTANCIA

牧場に宿泊し、トレッキング、乗馬、植物と動物の観察などを楽しむプランがあります。

お祭りとチャマメフェスティバル FIESTAS Y CHAMAME

コリエンテス市(Corrientes)、エスキーナ(Esquina)、パソ・デ・ロス・リブレス(Paso de los Libres)のお祭りが世界的に有名で、数多くのお祭りが開催されます。
また、この地域は独特なリズムを持つチャマメ(la tierra del chamame)の本場で、1月になるとコリエンテス市で全国チャマメフェスティバルが開催されます。

ショッピング

革製品、植物繊維で作られた籠類とマクラメ編みなどが民芸品として人気です。

基本情報

コリエンテス(Corrientes)
最寄りの空港の所在地 コリエンテス市
観光拠点 コリエンテス市
位置 ブエノスアイレス市(Buenos Aires)から1,074km。
コルドバ市(Cordoba)から895km。プエルト・イグアスから598km。
アクセス 飛行機:ブエノスアイレス-コリエンテスを結ぶ便があります。
バス:ブエノスアイレス市を始め、他の州の町からもバスが運行しています。
気候 季候は亜熱帯気候で、一年を通して雨が多く、夏は非常に暑い。
コリエンテス州の年間平均気温は21℃前後で、夏の最高気温は33℃~35℃、冬の最低気温は10℃になります。
年間平均雨量は1,200mm。

コリエンテス州観光局

http://www.corrientes.com.ar/

このページの先頭に戻る