サン・パウロ

サン・パウロ
サンパウロの街並み(左)/イピランガ博物館(右)

同名のサン・パウロ州の南東部に位置し、人口は1000万人以上の大都市。 ポルトガル人、黒人、先住民の子孫をはじめ、イタリア系、ユダヤ系、日系、アラブ系など、サン・パウロ市民はあらゆる民族が集まり、全ての言語と訛りがある町と言われています。

経済の主要都市でもあり、大手ブラジル企業の本社や外資系企業が集まる、ビジネスにおいて欠かせない都市です。

市内では、経済、産業、科学、文化、スポーツあらゆる分野に渡った大小200以上のミーティングや国際的なイベントが毎日開催されています。

また、ブラジルで開催される全フェア、学会の75パーセントがサン・パウロで開催されています。

観光だけでなく、ビジネスの訪問でも、レストラン、ナイトライフ、シアター、ショーが充実しており楽しめます。

主要観光スポット

ナイト・スポット

サン・パウロ市内には、バールと呼ばれる店が数えきれないほどあります。

バールはバラエティー豊かで、様々な地方の音楽を聞いたり、静かなカフェとして利用したり、ブラジルのアーティストや国際的なアーティストのショーを楽しんだり、ディスコなどと店によって特色はさまざま。

ヴィラ・マダレーナ(Vila Madalena)、イタイン・ビビ(Itaim Bibi)、ヴィラ・オリンピア(Vila Olimpia)、ベシーガ(Bexiga)、ジャルジンス(Jardins)などの各区に、バールが集中しています。

ナイト・スポット

グルメ

世界でも有数の移民町と言われるサン・パウロ。市内には数多くのレストランがあり、ブラジル各地方の郷土料理や、世界各国の料理が楽しめます。

そのバラエティーの豊かさと洗練されたレベルは、ほかの都市の追随を許しません。

また、日系人が多いサン・パウロでは伝統的で本格的な日本食を楽しむことができます。

基本情報

サン・パウロ(Sáo Paulo)
最寄りの空港 隣町グアルーリョス市に国際空港(Aeropuerto Internacional de Guarulhos-SP)、市内にコンゴンニャス空港(Aeropuerto de Congonhas)があります。
国際空港からは、マナウス(Manaus)やイグアス(Iguaçu)行きなどの国内便も出ています。
アクセス リオ・デ・ジャネイロ市(Rio de Janeiro)から430km。
首都ブラジリア(Brasilia)からは1020 km。
気候 冬(7月~9月)の平均気温は15℃前後。7月は最も寒い時期で、ときには0度まで下がります。しかし、冬でも晴天で気温が高くなる日もあります。
夏(12月~3月)の平均気温は、30℃から35℃で雨が多い。

サン・パウロ関連情報

http://www.cidadedesaopaulo.com/sp/

http://www.visitbrasil.com/destinos/saopaulo.html?__locale=en

このページの先頭に戻る