ブラジリア

ブラジリア

プレット川とデスコベルト川の間にあり、飛行機の形をしたブラジルの首都。
ユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されています。
近代都市設計のなかで、現実になった数少ない例のひとつです。

なお、ブラジリアは標高約1,152mの高原地帯にあるため、直射日光と湿度に気をつけてください。
6月~10月の乾季には湿度30%以下になるため、水を飲む、クーラーを控える、などの注意が必要です。

市内観光

市内観光

三権広場 PRAÇA DOS TRES PODERES

大統領府のプラナウト宮殿(Palacio de Planalto)、国会議事堂(Congresso Nacional)、最高裁判所(Supremo Tribunal Federal)がある広場。
各建物には見学コースがあり、決められた見学時間内に内部を見ることができます。

三権広場

テレビ塔 TORRE DE TELEVISAO

高さ224m。75m地点に150人収容できる展望台があり、三権広場を始めとするブラジリアの主要部を見渡すことができます。

ブラジリア国立公園 PARQUE NACIONAL DE BRASILIA

公園内には散歩に最適な歩道やプールがあります。このプールは、新首都ブラジリア建設当時に砂を掘ったあとにできたものを活用したもので、市民の憩いの場となっています。 公園散策に最も適している時期は、5月~10月です。

基本情報

連邦区(Distrito Federal)
最寄りの空港 ブラジリア国際空港(Aeroporto Internacional de Brasilia)
シーズン 最も良い時期は、4月後半から6月前半です。その時期は、まだ乾季が始まっておらず、空の色が青々とした日が続きます。
8月から9月上旬は乾季。雨季は、通常9月の半ばから始まります。
気候 標高約1,152mの高原地帯にあるため、沿岸部と比較すると、年間を通じて気温も湿度も低いです。
6月と7月は気温が低く平均18度ぐらい、10月~3月は平均22、3℃で降雨量も多くなります。

ブラジリア関連情報

http://www.visitbrasil.com/destinos/distritofederal.html?__locale=en

このページの先頭に戻る