ボニート

ボニート

ブラジル中西部地方マット・グロッソ・ド・スウ州(Mato Grosso do Sul)の州都、カンポ・グランジ市(Campo Grande)から280km。湿原地帯として有名なパンタナール(Pantanal)から南のボドケーナ山岳地帯(Serra da Bodoquena)にボニートはあります。
ここは、豊かな自然と、透明度の高い美しい川と湖、洞窟や岸壁などの自然美が人気の地域です。

ボニートはその美しい自然もさることながら、この地域に残る自然美を観光資源として地域の活性化に生かしているという点でも注目を集める町です。

観光と自然環境の両立を目指し、環境保全を促進する観光システムを採用。ボニートを代表する川、湖、鍾乳洞、森林などは全て民有地にあり、観光は公認の旅行会社を通じて、専門ガイドの案内で行なわれます。そのため、ボニートの主な名所は、1日の観光客の受け入れ人数が制限されています。

主な見どころ・アクティビティ

フローティングツアー FLUTUACAO

シュノーケリングをしながら川を下るフローティング。ネオプレン製の潜水服、水中メガネ、シュノーケルを着用して、ゆったりと流れる渓流に浮かびながら川を下っていきます。水中は驚くほど透明で、現地の淡水魚ピラプタンガ(Piraputangas)、ピンタード(Pintados)、パクー(Pacus)、ドラード(Dourados)などがはっきりと見えます。

ボニートには澄んだ水の川が多くあり、好みに合わせて川やコースを選べます。中でもお勧めのコースは、バイーア・ボニータ自然水族館(Aquario Natural - Parque Ecologico Baia Bonita)、スクリー川(Rio Sucuri)、ペイシェ川(Rio do Peixe)、フォルモーゾ川(Rio Formoso)です。

フローティングツアー

青い湖の鍾乳洞 GRUTA DO LAGO AZUL

鍾乳洞の奥に、石灰石の白壁に囲まれた美しい地底湖があります。その神秘的な青さから“青い湖”と呼ばれています。透明で静寂に包まれた水面は、大きな青い鏡に見えるほどの美しさです。

青い湖の鍾乳洞

水中洞窟ツアー MERGULHAR EM CAVERNAS SUBMERSAS

経験豊富なダイバー向きのツアーです。

お勧めコース

  • ラペル(懸垂下降)でアニューマス絶壁(Abismo Anhumas)を下り、鍾乳石を鑑賞して、水深80mの湖でスキンダイビング
  • 水中洞窟のグルッタ・ド・ミモーゾ(Gruta do Mimoso)
  • 深さ200m以上の亀裂にあるラーゴ・ミステリオーザ(Lagoa Misteriosa)-ミステリー湖

牧場ツアー PASSEIOS EM ESTADAS

町の周辺にある牧場や森林を徒歩や乗馬で回るツアーや、川をボート、カヤック、ゴムボートなどで下るツアーがあります。

牧場ツアー

このページの先頭に戻る

基本情報

マット・グロッソ・ド・スウ(Mato Grosso do Sul)
最寄りの空港 カンポ・グランジ国際空港(Aeroporto Internacional de Campo Grande)
観光拠点 ボニート市(Bonito)
アクセス サン・パウロ市のグアルーリョス国際空港からカンポ・グランジ空港に移動し、ボニート行きの便に乗り継ぎ。カンポ・グランジから290km。
シーズン 動物観測は、10月~2月が最適。フローティングやウォーターツアーでは、渓流の水の量や流れが適度な7月~9月の乾季がおすすめ。
気候 地域の気候は熱帯。11月~2月は雨が多くてアクセスが困難になり、いくつかのツアーができなくなる場合があります。6月~9月の冬は乾季で、河川の水位が潜りに適しています。

ボニート関連情報

http://www.visitbrasil.com/destinos/matogrossodosul.html?__locale=en

このページの先頭に戻る