レンソイス

レンソイス

サン・ルイスから260キロにあるレンソイス・マラニャンセス国立公園。Lencois(レンソイス)とはポルトガル語でシーツという意味で、その名のとおり真っ白な砂漠が続きます。この白い砂丘の広さは155,000ヘクタールでサンパウロ市と同じぐらいで、その中にオアシスのように数百個ものブルーグリーンの湖が形成されています。

この雨季に見られる湖はエメラルド色に輝き、白い砂漠の上に散りばめられた宝石のように神秘的な景色を生み出します。湖では泳ぐことができますので、水着とビーチサンダルの持参をおすすめします。

砂丘をジープで走るツアーやプレギッサ川をポートで渡るツアーなど、さまざまなツアーが観光拠点バへリーニャスから催行されています。

基本情報

マラニョン州
所在地 サン・ルイスから260km
サン・ルイス空港から、レンソイスの玄関口のバへリーニャス(Barreirinhas)まで、空路での定期便がないため、サン・ルイスからセスナ機をチャーター、もしくは車での移動(約3時間)。バヘリーニャスから砂丘まで約15Km。バへリーニャスからは、レンソイスのツアーが催行されています。

レイソイス関連情報

http://www.turismo.ma.gov.br

このページの先頭に戻る