2014年サッカー・ワールドカップ

2014年サッカー・ワールドカップ

1950年のサッカーワールドカップがブラジルで開催されてから、再び64年ぶりにブラジルにて2014年 6月12日開幕!熱い試合が12の都市で開催されます。

主な開催地

ベロ・オリゾンテ Belo Horizonte

ベロ・オリゾンテ

ブラジルの東南部に位置するミナス・ジェライス州の州都ベロオリゾンテは、インフラの整った文化、自然、歴史的建造物など変化に富んだ街です。ベロオリゾンテ近郊には、世界遺産のオーロ・プレットや、同じく世界遺産のボン・ジェズス・ド・コンゴーニャスの聖所があるコンゴーニャス・ド・カンポがあります。

競技場:ミネイロン競技場

ブラジリア Brasilia

ブラジリア

世界遺産として登録されている首都ブラジリア。1956年に当選したクビチェック大統領が新首都建設として計画的に造られた都市です。主要建築物の国民会議議事堂や外務省、大聖堂などを設計したのは世界的にも有名な建築家オスカー・ニエマイヤーです。

競技場:ナショナル競技場

クイアバ Cuiabã

クイアバ

マットグロッソ州の州都クイアバ。18世紀に奴隷たちによって建設されたロザリー教会など歴史的建造物が多くみられます。野生動物の宝庫で魚釣りやバードウォッチングが楽しめるパンタナールの玄関口でもあり、町から70キロ程の近郊にはテーブル状の大地や滝など自然景観を楽しめるギマラインス高原国立公園もあります。

競技場:アレナ・パンタナル競技場

クリチバ Curitiba

クリチバ

ブラジル南部パラナ州の州都。数多くの公園があり、文化的な面でも博物館や美術館、劇場が多く点在しており、国内で最も美しい都市の一つといわれています。ヨーロッパ系移民の子孫が多いため、ヨーロッパ料理を提供するレストランが多くあります。

競技場:アレナ・ダ・バイシャーダ競技場

フォルタレーザ Fortaleza

フォルタレーザ

セアラー州の州都で、美しい海岸線が伸びる港町です。暖かい気候で、ビーチ沿いにはバーやホテルがあり、ナイトライフも充実しています。活気のある大都市であり、フレンドリーで、元気な人々がいっぱいのフォルタレーザは、訪れる人たちが、思う存分楽しめる街です。

競技場:カステロン競技場

マナウス Manaus

マナウス

ネグロ川沿いに広がる北東部アマゾナス州の州都。広大な熱帯雨林のゲートウェイとなっており、アマゾンの観光中心地で多くの観光客で賑わっています。大自然の宝庫でもあり、多くの歴史建造物が残っています。

競技場:アレナ・アマゾニア競技場

ナタル Natal

ナタル

リオ・グランデ・ド・ノルテ州の州都。太陽の光が降り注ぎ、美しい砂丘やサンゴ礁が広がるビーチが特徴です。世界最大のカシュー木のほか、海岸ではいろいろなレジャーアトラクションがお楽しみいただけます。

競技場:アレナ・ダス・デュアス競技場

ポルト・アレグレ Porto Alegre

ポルト・アレグレ

グアイバ湖に面したリオ・グランデ・ド・スウ州の州都。多くの公園や劇場、アートスペース、博物館、歴史的建造物などが多く見られ、活気溢れる文化的な生活を提供している都市です。バーやディスコなどのナイトライフも充実しています。

競技場:ベイラ・リオ競技場

レシフェ Recife

レシフェ

ペルナンブコ州の州都レシフェ。レシフェを代表する全長7キロあるボア・ビアジェン海岸は、ホテルやレストランが整うビーチリゾート。南米気質な陽気な雰囲気が楽しめます。隣のオリンダ市は、植民地時代の建物や教会が並び、世界遺産に登録されています。

競技場:アレナ・ベルナンブコ競技場

リオ・デ・ジャネイロ Rio de Janeiro

リオ・デ・ジャネイロ

リオ・デ・ジャネイロの街は、海と山との完璧な調和が素晴らしい景観を作り出しています。
この素晴らしい街には、世界中から数え切れない程の観光客が訪れます。有名なコパカバーナビーチで散歩をしながら、カリオカ人(リオ・デ・ジャネイロ市で生まれた人の呼び方)のライフスタイルを味わうことができます。

競技場:マラカナン競技場

サルバドール Salvador

サルバドール

旧市街が世界遺産のバイーア州の州都サルバドール。ブラジル最初の首都で、アフリカ文化が息づく、音楽や料理など独自の文化を発展させています。

競技場:フォンテ・ノヴァ競技場

サン・パウロ Sáo Paulo

サン・パウロ

サン・パウロ州の南東部に位置する州都で最高のものが集まる街サン・パウロ。世界中の文化スタイルが集合し、エンターテイメント、スポーツ、ビジネスの中心でもあります。東洋人街のリベルダジでは、日系人の文化を体験できます。

競技場:アレナ・デ・サン・パウロ競技場

このページの先頭に戻る